ジーニーカラコン最大15mm!

ジーニーカラコンのDIAラインアップ

ジーニーカラコンのdiaのラインアップは韓国カラコンの中でも相当豊富なほうではないでしょうか。着色直径は分かりませんが、diaについては14.0mmから15.0mmまであります。14.2mmとか14.5mmくらいの盛りやすいくらいのサイズもあるんです。

ジーニーカラコンで15mmピックアップ

ジーニーカラコンでdia15.0mmで注目はどういったのがあるのでしょうか。
まずはミシェルですね。
ブラウンはハーフっぽさもあって大人の女性という印象もあります。
これははずせないというのが桃玉と黒玉、そして金狼と銀狼でしょうか。
人気ブロガーユニットのプロデュースとあって話題性もありますね。
デザイン、発色、サイズが絶妙です。

ここでdiaが15.0mmというサイズについて述べていきます。
diaとは全直径のことですから、レンズのおわん形状のまま計測した数値ですね。韓国カラコンでよく見かける着色直径16.0mmを超えるようなのは、ほぼ間違いなく、潰した状態、平面での測定地です。ですので、diaを見ると14.7とか14.8とかということもよくあります。
ですので、diaが15.0mmというのは実はかなり大きいサイズなんです。

カラコンの小さいものですとdia14.0mmくらいのもありますが、それと比べても数値上では僅か1.0mmしか違いがありません。
それに、着色直径となるとその差はさらに小さいものでしょう。
しかし、人の目の大きさを考えるとその僅かの差が見た目に与える影響はとんでもなく大きいものと思います。

私が思うにジーニーカラコンは大きさのバリエーションもありながら、デザインや使用期間についても選べるものが多いのも魅力だと思うのですがどうでしょうか。
当然大きくなるとそれだけ不自然になる可能性も増すことも予想されますので、何種類も試しながら理想とする目元を手に入れたいところです。
最後に一言だけ。
diaが大きいということはそれだけ目に与える、それは健康面でのことですが、必然的に大きくなるでしょう。目に酸素を通せる部分が減るわけですから当たりまえかも分かりません。
となると装着時間を減らす、装着する日を減らす、そういったことも考えておくべきだと思います。極力長い目で見る習慣を身に着けたいところです。
ジーニー カラコン
比べてみると面白いもので、次から次へと欲しくなるのがカラコンです。ただジーニーほどに種類が豊富になると、そうもいきません。余裕があるときにまとめて買って見たいと思っています。