韓国カラコン!ジーニーカラコンで盛る!

韓国カラコンについて

カラーコンタクトの多くが韓国や台湾で製造されているようです。日本製というのも最近あるようですが、恐らく日本で販売されているもの、個人輸入で買えるものもやはり韓国製とういのは多いのかと思います。
ただ、韓国製とは言っても、日本で承認されているもの、されていないけど、個人輸入で買えるものがあります。
当然、前者のほうが安全、後者のほうが危険というふうに思うかもしれません。実際のところは私にも分かりません。

韓国カラコンの送料について

さらに掘り下げてみていきいます。まずは送料についてです。
送料がかかるかかからないかで、実際に支払う金額に違いが出てくるのは言うまでもありません。
日本の通販サイトでは、500円とか600円とかの送料設定で、5,000円以上の購入で送料無料という店もあります。
もちろん完全送料無料の店もあります。軽くて薄いものならメール便という手もありますね。ウィッグとかでもポイントウィッグならメール便なら送料無料というところもあります。
では韓国カラコンの場合はどうでしょう。発送元は韓国ですから、国内の輸送とは違います。輸入になりますから、当然そもそもかかる費用が高いです。
実際にどのくらいかかるかは代行サイトにもよります。
みんカラやラブコンやバンビーナは送料無料ですが、glamは1,500円とかかかります。ジーニーの場合は確か850円だったかな。
本当にばらばらですね。条件付きで送料無料になるところもあるし、一律で絶対というところもあります。

韓国カラコンは直径のデカいのが素敵

カラコンをつける目的は何でしょうか。色を青や緑やグレーにかえたい、もしくは黒目が小さいのに大きくしたい、そういったことでしょうか。
どこに着けていくことが多いのでしょうか。学校や会社、もしくは遊びなどでしょうか。
どのような目的があるかにもよるでしょうし、好みもあるでしょう。好きなモデルさんと同じのを着けたいという願望もあるかもしれません。
年齢にもよるでしょうけど、若い女性なら、とにかく盛れる、大きいのをつけてみたいという気持ちもあるかもしれません。
しかく、国内で販売されているカラコンは、それほど大きくないのが多いです。DIAなら大きくても14.5mmくらい、だいたい14.2mmか14.0mmくらいのが圧倒的に多いのではないでしょうか。
個人輸入代行サイトで購入できる韓国カラコンは、このDIAが15.0mmというのもありますし14.8mmくらいのもあります。
潰した状態での着色直径でよく表記されていますが、16.0mmとかローヤルレンズなら16.3mmなどもあるんです。
それだけ大きいと、確かにつける人によっては不自然になってしまうかもしれませんが、こればかりはつけてみないと分からないですからね。

ジーニーカラコンについて

韓国カラコンの場合は、一つのブランドが買えるのは、その公式の個人輸入代行サイトのみとなっていると思います。
ジーニーカラコンの場合は、その公式サイトだけで通販というのか分かりませんが、ネットで買えるということですね。
ではどういう特徴があるか見ていきましょう。

ジーニーカラコンのDIAバリエーション

ジーニーカラコンでは、DIAで分類されて分かりやすく見ることが出来ます。
例えばキスミーは15mm、カカオは14.5mm、ピュアスウィートは14.2mmとかですね。
DIAはレンズの形状そのまま、おわんの形をしたまま計測した直径ですので、着色直径とは違います。
この数値は大きければそれだけ目をたくさんの部分で覆うわけですから、目が疲れやすいことにも繋がると思われます。
ジーニーはガールズシリーズとウィッチズポーチシリーズがあります。あとシリコーンハイドロゲルシリーズですね。潤いがあるので、目に優しい印象がありますが、詳しくはこれから調べてみたいと思います。

ジーニーカラコンの特徴としては、やはりその種類の多さとポイント制度、クーポンによる割引、そして、サンドイッチ製法ということなどでしょうか。